ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

暮らし見直し。小さい家に合わせて体重計もダウンサイジング。

我が家で今、大活躍している体重計。

ダイエットの進捗状況を確認するために毎朝、起きてすぐに体重計に乗って、一喜一憂しています。

しかし、そんなにお世話になっている体重計を、処分することにしました。

  応援クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 体重計を処分する理由は

(1)家のサイズに対して存在感がありすぎる

👇写真にある体重計を処分する一番の理由は、体重計の存在感がありすぎて、小さい家では置き場に困るからです。

f:id:Semi-retired:20180830182837j:plain

 

今、体重計は玄関に続く廊下(というか、我が家に廊下は1箇所しかないです)の真ん中に「でん」とした佇まいで、場所をとっています。

洗面室にこの体重計を置くと、その上で歯磨きやら洗顔をすることになるからです。

 

廊下を通るたびに体重計を跨ぎながら、「邪魔だな」とは前々から思っていました。

でも、よく使っているものだし、これは体重計としてはごく普通のサイズなので(家が小さいだけ・・・)、そのままにして来ました。

ちなみにメジャーで測ったら、幅30cm×奥行33cm×高さ3cmでした。

 

写真の体重計を買ったのは2009年なので、約10年も前のものです(購入時に体組成を測るために入力した年齢データにより判別しました)。

そのくらい前のもので、且つ、体脂肪なども測れる「体組成計」だからか、結構重たいです(体重計はコレのみなので、手に持った時の主観です)。

(2)いつの間にか、体脂肪率が測れなくなっていた

こちらの体重計は、裸足になって上部にあるバーを握ることで、それなりに正確な体脂肪率や内臓脂肪レベル等が測れます(あくまでも購入当時の基準で)。

但しバーを持ち上げて握る、しかも裸足、というステップが面倒でずっと体重計としてのみ使用していました。

それが最近、ふと思い立って裸足でバーを握ってみたら、体脂肪を全然測ろうとしない・・・

まあ散々お世話になったし、もう寿命に違いない。と思い、感謝して処分することにしました。 

ただ処分するのではなく、もっと小さい体重計に買い替えます

今もほぼ毎日体重計を使っているので、家から体重計自体を無くすということは、もちろん全く考えてません。

体重計は、ダイエットのためだけでなく、健康管理全般に欠かせないものだと思います。

 

但し、とにかく今より面積(体積)・重量ともにサイズダウンは図る必要があります。

そして、体脂肪は測れなくてもいいけど、体重計としての性能はちゃんとしているもの。と思いAmazonでいくつかピックアップしたのが下記です。

他にもいろいろありましたが、ありすぎて迷ってしまったので、とりあえず評価がよさげで目についたもの、という感じです。 

タニタ デジタルヘルスメーター HD-660-BL(ブルー) 乗るだけで電源ON/約B5サイズの小型設計
 

👇ちなみにこちらは見た目が良くてフローリングになじむと思ってピックアップしましたが、特に高評価ではないです(というか評価は高いが、評価者が1人だけ)

 8月30日(木)18時から9月2日(日)中まで、Amazonタイムセール。よさそうなものが見つかったら買ってみようと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます