ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

会社を辞めたところで、既婚女性なら「無職」ではなく「専業主婦」?

セミリタイア計画中といいながら、「セミ=ちょっとした収入」の部分になかなか触れられていない、50代既婚女性子供無し会社員のナマケモノです。

まあ、会社を辞めても、結婚しているなら「無職」ではなく「専業主婦」になるんだから、別に「セミリタイア」がどうのこうのといわなくてよくない?っていう気持ちは、ナマケモノの中にもちょっとあります。

 でもナマケモノの描くリタイア後の暮らしは、家事を担う「主婦」ではなく、限りなく「ご隠居」的なモノなので、とても「専業主婦」とは自称できないんです、さすがに。

いま、日々の食事や日常的な掃除については、ほぼ夫にお任せしています。夫は「専業主夫」ではなく、「兼業主夫」です。

ナマケモノの世代的には、兼業でも家事はほとんど妻側というスタイルが比較的多数派で、会社の既婚女性には、ホント頭が下がる方が多いです(ナマケモノ基準では)。

一般的にフェアだと思えるのは、働く時間がほぼ同じなら家事分担もほぼ同じ、といううもの。ナマケモノも結婚当初はそれを目指してはいたのですが、いかんせん出来が悪かったのと、家事分担について寛容な夫にめぐり合えたおかげで、今の「兼業主夫」スタイルに甘える結果に。

また、元々結婚したのが遅く、それまでおひとり様前提で「早期退職」暮らしを夢見て「貯蓄計画」等を立てていたので、「楽隠居」という夢は早々手放せないという気持ちも。

「子供もいない二人分の家事なんて全然大したことない」っていうしっかり者の方には鼻で笑われるか怒られそうなナマケモノぶりですが、とりあえず「会社辞めても、気が向いたときに気が向いたタイプの家事(←恐ろしく少ないと思われる)以外をする気はないです」宣言をして了解を得ています。という「自慢かよ!」的なハナシです、かな?

そいうえば、前にナマケモノが先に帰宅して、居間でTVだかPCだか見ながらだらけていたとき。残業から遅くに帰った夫が「ごめんね、遅くなって。今からご飯作るから待っててね」と言った時は、「なんて健気なのであろう」とちょっと涙が出る勢いで、でも腰の根っこはしっかりコタツに生えていたナマケモノでした。

その分、退職後の「セミ=ちょっとした収入」計画をちゃんと立てていかねば....ちょっと自分にプレッシャーかけてみた。