ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

12月1日から放送開始の新4K8K衛星放送、4Kテレビを買っても見られないって?

私はダラダラとテレビ放送を見るのが大好きです。でも別にテレビ放送について詳しいというわけではありません。ダラダラのテキトーながら見派なもので。

あんまり詳しくもないのに語るのも憚られますが、12月1日から新4K8K衛星放送が始まったそうですね。

そうなると、そろそろ安くなってきたみたいだし、4Kテレビ買ってみようかなーとか思ったりもしますが、4Kテレビを買っただけでは新4K8K衛星放送は見ることが出来ないようです。

どういうことなんでしょうか。

応援クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へorにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

新4K8K衛星放送を見るためには、対応テレビ以外にも必要なものがあるらしい

総務省の「4K放送・8K放送 情報サイト」によると、

「新4K8K衛星放送」は、BSデジタルハイビジョン(2K)とは異なる規格で放送されています。新4K8K衛星放送を受信するには、この新しい規格に対応した受信機(テレビ、チューナー等)が必要になります。また、この受信機には、新4K8K衛星放送に対応する新たなCAS(ACASチップ)が使用されています。

ということで、新4K8K衛星放送を見るには、4Kテレビ(4K対応テレビ・8K対応テレビ)に加えて、アンテナ受信の場合は新4K8K衛星放送対応のチューナー等とBS・110度CSアンテナが、ケーブルテレビの場合は新4K8K衛星放送対応のケーブルセットトップボックスが必要、らしいです。

また、

4Kサービスには、新4K8K衛星放送の他に、(1)東経124/128度CS放送、(2)IPTVによる4K放送、(3)ケーブルテレビによる4K放送、(4)インターネットによる4K配信サービスがありますが、現在市販されている4Kテレビで視聴可能なサービスは、メーカーや機種によって異なります。このため、4Kテレビをご購入の際は、視聴したい4Kサービスの受信機能(チューナー)が内蔵されているか、ご確認ください。

と、新4K8K衛星放送以外で「4Kテレビ」を見たいときにも、その4Kサービスに対応したチューナー等が要るらしいのです。

そっかぁ。なんか騙された気分にもなりますが、知らない私が悪いってことですね。

実はそんなに画質にこだわっていないことに、今さらながらに気づいたかも

そもそも私が好きなのは地上波放送のバラエティ番組やドラマなどで、実は画質にそんなに敏感なわけではありません。

お求めやすい価格で4Kテレビが買えるのはとてもありがたいですが、確か7~8年前に買ったDVDレコーダのハードディスク内の残量が無くなってきているので、LPモード(感覚としてはビデオ時代の3倍モード)で録画した番組を見ていることも多いのでした。もとはHD放送でも、LPモードだとそれなりの荒い画質です。が、そんなに気にはなりません。

SMAPやTOKIOのファンだった時には画質に拘ることもありました。そして、テレビで映画を見るのも好きですし、その時はそれなりの画質で見たいですが、4Kではなく普通にHD放送で充分かなと思いました。

荒い画質でも気にしないダラダラながら見派のナマケモノには、そもそも4Kテレビは分不相応ですね