ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

池井戸潤原作の名作「民王」がAmazonプライム会員なら無料で視聴できます!

私が普段からよく視ているAmazonプライムビデオで、池井戸潤氏原作の「民王」というドラマが、Amazonプライム会員は今なら無料で視聴できます。

この「民王」、人生の中でもベスト10に入る位、好きなドラマなのです。今回の記事では、ドラマの魅力とそれを無料で視聴できるAmazonプライムビデオの魅力について皆様にお伝えしたいです。

 

ドラマ「民王」の魅力

池井戸潤氏原作のドラマは「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王等どれも面白いですが、この「民王」は「半沢直樹」等のドラマとはまた方向性が違う面白さです。

「半沢直樹」等のドラマは手に汗握る展開や感動的なストーリーとして「面白い」のに対し、「民王」はコメディとして純粋に「面白い」です。

「民王」は、総理大臣(遠藤憲一)とその息子(菅田将暉)の体が陰謀により入れ違ってしまうことによる、テンヤワンヤな話です。

紹介が粗筋過ぎてスミマセン。テンヤワンヤとか、コトバが古臭過ぎてスミマセン。

元々「俺がアイツでアイツが俺で」的な話が総じて好き、というのもありますが。

コワモテ総理とおバカだけど心優しい息子のキャラを遠藤憲一さんと菅田将暉さんがそれぞれ演じるのですが、本来のキャラと入れ替わり後のキャラの落差がスゴくて、お二人共素晴らしい演技力だと脱帽です。

私は「民王」の録画をまだ持っているのですが、それでもAmazonプライムビデオで「民王」を見つけた時にはうれしすぎて、見つけてから一週間も経っていませんが1話から最終話まで3回連続位で見続けています。

「民王」本編だけでなく、SPドラマやスピンオフ、番外編もAmazonプライムビデオで視聴出来ます。

Amazonプライムビデオユーザーで「民王」をご覧になったことがない方、よろしかったら一度ご覧になって下さい。

Amazonプライムビデオの魅力

私はHuluやGYAO!など他の動画サービスは利用していないので具体的な比較が出来ないのですが、Amazonプライムは会費が年額3,900円(税込)、月額400円とかなり安いと思います。

Amazonプライムビデオはタブレットの「Amazon Fire TV」やスマホでも視聴でき、「Amazon Fire TV Stick」を取り付けてテレビ画面で視聴することもできます(他の動画サービスも同じように色々なデバイスで視聴できるんだと思いますが…)。

Amazonプライムビデオをテレビ画面で視られる「Amazon Fire TV Stick」について語った記事はこちらです👇よろしければご覧ください。

www.namakemonologue.com

そしてAmazonプライムの特典はAmazonプライムビデオだけではありません。

Amazonの説明によると、

迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

と、かなり広範囲に特典を得られます。

私は随分前に初年度無料でAmazonプライム会員になって、翌年から連絡もなく会費が引き落とされていて、その時は殆どAmazonを利用していなかったので憤慨したのですが、Amazonで買い物をしたりAmazonプライムビデオを利用するようになって、その時の憤慨は跡形もなく消え去ってしまいました。

「翌年から連絡もなく会費が引き落とされ」作戦は未だやっているので、入る時は熟考してからの方が良いかもしれません。

でも「Amazonプライムの特典を利用されていない場合は、キャンセル時に会費を返金いたします。」とのことなので良心的かなと思いました