ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

服を頻繁に買い替えるより、「毛玉取り器」でケアをした方がお得、かもしれません。

数年前に会社の同僚に「今の毛玉取り器は昔のと全然違う。すごくいいよ」と、強く勧められた「毛玉取り器」。そんなに勧めてくれるならと買ってみました。

今の、といっても買ったのは数年前のことです(購入履歴をみたら2014年2月でした)。

「毛玉取り器」自体は、たぶんその誕生当時から知っていて、出始めた当時も「こんなに毛玉が取れるんだ」と感動しました。

でも、毛玉を取る威力が強すぎるのか、作りが雑すぎるのか、毛玉だけでなく本体の生地までもすぐに傷んでしまうこともあり、そのうち使うのを止めてしまいました。

その弱点も改善されて使いやすくなった「毛玉取り器」。毛玉が出来たらすぐに服を買い替えているなら、「毛玉取り器」でケアをした方がお得、かもしれません。

 

毛玉取りビフォーのカーディガン

今回、「毛玉取り器」の効果を知っていただくためにビフォー・アフター等の写真を撮りましたが、ハッキリ言って全然わかりやすくない写真です。申し訳ありません。

とりあえず毛玉取り前のカーディガンです👇

cardigan

毛玉が結構あるのがわかるようにと毛玉にフォーカスした写真を撮ってみましたが、カーディガンが紺色でわかりづらいです👇

kedama-forcus

フラッシュがあったりなかったりで、色味も安定していない毛玉のあるカーディガン写真その2です👇

kedama2

テスコム 毛玉クリーナー KD778で毛玉取り

私が買った「毛玉取り器」は「テスコム 毛玉クリーナー KD778」です👇

※楽天で買いましたので、写真は楽天からお借りしました。

購入履歴によると2014年2月、今から約5年前に購入しています。でもまだ現役で売られているようです。但し今はもっと新しい製品が主流だと思います。詳細が分からず大変申し訳ありません。

「テスコム 毛玉クリーナー KD778」で紺色カーディガンの毛玉を取ってます👇写真では見えませんが、「高・中・低」の段階を選べます。

比較的細い糸のニットだと思ったので最初は「低」で、そのあと「中」で、毛玉を取りました。

「低」でも毛玉は良く取れています。それでいて昔の毛玉取り器のように、本体までダメージを与えるような感じはありません。

kedamatoriki

こちらが今回取れた毛玉です👇細い繊維を丁寧に取っている感じがします。

比べるものが無いのでどの位の毛玉かわかりづらいですが、本体の毛玉受け器に1/4位溜まったかなというボリューム感でした。

kedama

毛玉取りアフターのカーディガン

今回の写真でビフォー・アフターをおつたえることについてはあきらめムードですが、とりあえず毛玉を取った後のカーディガンです👇

cardigan-after

このカーディガンは柔らかな感触である反面、毛玉というか繊維の解れ?ができやすくなっていました。

かといって、夫が買ってくれたものだし、すぐに処分するのは気が引けました。そこで少しでも長持ちするように、たまぁに「毛玉取り器」を使っています。

服を断捨離して少ない衣類で暮らすと、どうしても1つの商品のサイクルも短くなりがちです。

ストレスなく服を着るために、すぐに買い替えるのもよいことだと思いますが、大事な服であればあるほど、「毛玉取り器」でケアをして服の寿命を長持ちさせることも良いかなと思いました。

よろしければ参考にしていただけるとサイワイです