ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

30年以上の腰痛持ちの私が、今やっている腰痛予防

学生時代から慢性的な腰痛持ちで、病院で診てもらったこともあります。

20代でぎっくり腰になって、以降軽めのぎっくり腰がクセのようになりました。最近の軽めのぎっくり腰は約1年前です。

そんな私が腰痛予防のためにやっていることをお知らせします。 

 

ただの慢性腰痛持ちに、病院は冷淡

学生時代、腰痛のあまりの辛さに、スポーツ整形外科があって評判も高かった病院で診てもらいました。

しかしスポーツによる怪我をした訳でもない、ただの慢性腰痛持ちに対しては当然ながら冷淡な対応で、「運動不足です、もっと運動してください」と言われ、「腰痛体操」の紙を1枚渡されて帰されました。

病院で渡された「腰痛体操」の紙(1枚に色々書いてあってメンドくさかった)をロクに見もしなかったから?腰痛は改善されず、20代でぎっくり腰になって以降、軽めのぎっくり腰がクセのようになりました。

今も仕事上、1日の多くの時間を座りっぱなしでPCに向かっていることもあり、明らかに運動不足です。加齢もあるし、腰痛リスクはますます高まっていると思います。

テレビ番組で見た、手軽にできる腰痛体操

現在も含めて、今まで整体ストレッチなどには定期的に通ってきていて、それにより腰痛が軽減されて来たことは大きいと思います。

それ以外に自助努力でできる、私がやっている腰痛体操は「スッキリ」というテレビ番組で放送されたもので、「1回3秒でできる」と紹介された体操です。

番組公式にアーカイブが無かったので、下記「生活の泉」というブログにリンクをさせて頂きました👇

【スッキリ】これだけ体操!腰痛改善にたった3秒 | 生活の泉

私がやっている腰痛体操のやり方を、上記ブログ記事から引用すると

1.足を肩幅よりやや広めに開き、ガニ股にならないよう平行にする。

2.両手を腰ではなく、お尻に当てる。指は下向にきし、小指同士がくっつくように当てる。骨盤を手で前に押し込むイメージで押す。

3.顎を引いて息を吐きながらゆっくり状態を軽く反らす

※イタ気持ちいいと感じるところまで反らす

1時間座ったらこの体操を行うのがおすすめ。

腹筋を行った後に行うとさらに効果的。

※痛みやしびれが出る場合は中止して整形外科医に相談を。


腰痛の治療には、これを1日10回3セット。予防なら1~2回からでo.k。

です。

腰を折って前屈みになる姿勢を続けることで腰痛になりやすくなるで、その逆の姿勢を取ることで、腰痛予防になるという説明が番組であったと思います。

なので「腰を折って前屈みの姿勢」を取ったら、なるべく時間をおかずに、番組で見た注意点に気をつけながら、お尻に手を当てて上体をゆっくり反らします

前屈みになった時間分だけ上体を反らすようにして、プラスマイナスを帳消しにするイメージです。

やり方については、こんな拙い絵👇では全く伝わらないので、リンクを貼ったブログを見て頂ければと思います。

maekagami

youtuuyobou

前屈みの姿勢自体をなるべく取らない様に、代わりに「スクワット」の姿勢で

もう一つ腰痛を予防するためにやっていることは、そもそも「腰を折って前屈み」の姿勢を取らないように、代わりに「スクワット」の姿勢を取るように心がけることです。

人前ではなかなかできないですが、腰を折るのではなく、腰を落としてスクワットをする。その姿勢で例えば落とした物を拾う。これもシンプルにして、とても効果的な腰痛予防です。

「スクワット」はダイエットのための筋トレ運動として、週1~2回程度ですが150~200回行っています。本当はもっとやらないとあまり効果はないかもしれませんが、スクワットをやっていることで、普段の行動でもスクワット的な動きがムリなく出来るようになって来ました。

そういう意味では「運動不足だから腰痛になる」という病院の指摘はその通りだと思いました。

この2つで、何とか腰痛予防が出来ている今日この頃です。

皆様が行っている腰痛予防があれば教えて頂けるとうれしいです