ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

「酉の市」をより楽しむためのガイド。2019年の「酉の市」は2回!

昨日11月8日(金)は、地元「金刀比羅大鷲神社」の「(とり)の市」でした。

酉の市は11月の「(とり)の日」に行われる祭りです。2019年の「酉の日」は2日間あります。

昨日(11月8日)はあまりの混雑で、一番手前の出店で熊手を買っただけで終わってしまいました。その反省を込めて、この記事があと1回の「横濱のお酉様」金刀比羅大鷲神社の「酉の市」(それ以外の「酉の市」も)を楽しむためのガイドになればと、思います。

 

「酉の日」は12日に1日(月に3日か2日)

「酉」(とり)は十二支の1つ なので、「酉の日」は12日間中の1日間。11月は30日まであるので、「酉の日」は3日間か2日間と、その年によって異なります。

30(日間)÷12(日間)=2。余りは6。なので、11月の「酉の日」が2日間なのか3日間なのかは、半々程度ですね(ウィキペディアによると2001-2020年の20年間で、11月の「酉の日」が3日間だったのが11回、2日間だったのが9回でした)。

2018年の「酉の日」は11/1・11/13・11/25の3日間でしたが、2019年は11/8と11/20の2日間です。

そのため2019年の「酉の日」は残すところ11月20日(水)だけとなります。

熊手は年々大きくする必要はない

11月8日(金)は、会社帰りに夫と「酉の市」に向かいましたが、あまりの混雑にちょっと戸惑って、一番手前の出店で熊手を買って、すぐに帰りました。

torinoiti20191108

熊手は慣習(?)に倣って年々大きくしていき、去年は5,000円のモノを買いましたが、必ずしも年々大きくする必要は無いです。

そのことについては、こちらの記事をご覧ください👇
www.namakemonologue.com

今年は我が家では、去年より小さい3,000円の熊手にしてみました👇

kumade20191108

「酉の日」の祈願(熊手払い)

これは自分の反省を込めてですが。せっかく「酉の市」に行くのなら、ただ熊手を買うだけでなく、「酉の日」の祈願(熊手払い)も受けてみたいですね。

「金刀比羅大鷲神社」公式サイトによると、

酉の市当日 社殿において特殊祈願を奉仕しております。

これは神社や露店で御受けされた熊手やお守りを改めてご神前近くにお供えして皆様の開運招福・家内安全を祈願をするものです。

熊手やお守りを授与された方でご希望される場合、社務所にて祈願の希望の旨をお伝えください。

酉の市当日は随時受け付けしております。

とのことです。横浜の「金刀比羅大鷲神社」以外でも、同じように「酉の市」祈願(熊手払い)をしていると思います。詳細については、お出かけ前にその神社でご確認下さいね♪

日常のくらしのヒントになる記事がいろいろあります👇
丁寧な暮らし  日常のつぶやき  シンプルライフ

酉の市限定御朱印

また「金刀比羅大鷲神社」では「酉の市限定御朱印」も頂くことができます。

初穂料 500円

酉の市の当日は9:30~22:00まで

※全て書置きでお渡しします

(「金刀比羅大鷲神社」公式サイトより)

「酉の市」当日は、22時とかなり遅くまで対応していただけるのは嬉しいですね。

11月20日(水)の「二の酉」 では、混雑に負けずに「酉の日」の祈願(熊手払い)と「酉の市限定御朱印」を頂けるよう頑張ってみたいです♪