ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

人間いずれ死ぬんだから。でも死ぬまでは生きなきゃいけないし。モンダイ

前回は早期退職やセミリタイアに関係ない、中高年女ナマケモノのダイエット宣言でしたが、

 

semi-retired.hatenadiary.jp

 今回は、「自分の人生をどう生きよう」「何のために備えるのか」というメインテーマ(なのか?)に則ったブログ記事を書いてみたいと思います。

会社近くの定食屋さんでランチを食べていた時の、隣の男性会社員2人の会話。

「同僚の〇〇は、人間いずれ死ぬんだから生きてる内にやりたいことを我慢しないでやるって言って、高い車買ったりしてる。羨ましい」

(会話を聞いてたナマケモノの心の声:「そうか、なるほど。太く短く生きるってやっぱり良いかも」)

するともう一人の方がボソッと「でも、死ぬまでは生きてかなきゃいけないからなぁ」

(ナマケモノの心の声:「そうでした、スイマセン。太く短くなんて後先考えないようなこと言ってちゃダメですよね。”死ぬまでは生きなきゃいけない”って、ホントその通りですね」)

この会話を聞いたのはもう20年近く前のことで、それ以来、ナマケモノは「いずれ死ぬんだから」と「死ぬまでは生きなきゃ」のハザマで揺れ動くニンゲン=自分というものにちょっと自覚的になりながら、もうすぐ30年となる会社員生活を生きながらえて来たのです。

(その方の”死ぬまでは生きなきゃいけない”っていう発言の出典元が何かもわかりません。”死ぬまでは生きなきゃいけない”ってごく普通に言われていることで、はっきりした出典元などないのでしょうかね。)

そして「ゆとりのある早期(セミ)リタイア生活のためには、できるだけ長く働き続ける」というパラドックス?を抱えながら、ようやく早期退職が実現できるかもという←今ココ段階を迎えました。

てことで今度こそ、セミリタイアの「セミ」をどうするんだ?モンダイにつなげていけたら。と思っております。