ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

早期退職割増金をもらって失業保険ももらうのはアリ?ナシ?

ご訪問頂きありがとうございます。2019年9月末には会社を早期退職する予定の、50代会社員(既婚女性子供なし)ナマケモノでございます。

退職予定日まであと14ヶ月半(キリがワルイ)。今回は、ナマケモノが前々から気にしていた「早期退職で失業保険は貰えるの?」、また貰えたとしても「自己都合退職に該当するの?それとも会社都合都合退職?」という問題についての記事です。

 ランキングに参加しました。応援クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 目次

 

早期退職でも失業保険は貰える?

企業が設けている「選択退職支援制度」等に応じて早期退職した場合、失業保険は貰えるのか?答えは「イエス」です。

前々から早期退職希望者だったナマケモノもこの点が気になって、親しい友人2人に別々に尋ねてみたところ、2人とも「早期退職の割増金が貰えるんだから、失業保険なんかもらえないでしょ」という回答でした。

友人2人は別にこの問題に詳しい人間なわけではありません。ですが異口同音に「もらえねーだろ」的な返答をされて、ナマケモノも「そうなのかな?早期退職割増金をもらって失業保険ももらうのはやっぱり図々しくてムリな話なのかな?」と思ってしまいました。

でも今は便利なネット社会。調べたら以下のことがわかりました。

  • 雇用保険加入期間と退職年齢、退職理由により貰える金額等は変わるが、失業保険は貰えます
  • 失業保険の給付開始がいつになるかについては「直接もしくは間接に退職するよう勧奨を受けた場合」には会社都合退職には該当し、3か月の給付制限はされません(倒産・解雇等と同じ扱い)。一方、常設型の早期退職制度に応募して退職した場合は、自己都合退職として扱われ、3か月の給付制限を受けます。

早期退職は、場合によっては「会社都合」になる

失業保険は「会社都合」だとすぐに給付が開始され、「自己都合」だと3カ月間、給付が制限されますので、ナマケモノの会社のように「常設型の早期退職制度」に応じての退職は「自己都合退職」として扱われると思います。

対して、今年の「フジテレビ」の「特別早期退職優遇制度」は常設型ではないので、最大7000万円と言われる退職割増金に加え、失業保険も「会社都合」としてすぐに支給されるのではないかと思われます。

早期退職割増金をもらっての退職でも、失業保険は堂々ともらいましょう

失業保険は今まで自分(と会社)が払ってきた「雇用保険」が返ってくるモノです。例え割増金を貰ったとしても、会社を辞めれば月々のお給料は貰えないのです。

失業中の保障のために、自分がせっせと納めてきた「雇用保険」が返ってくるだけなのですから、早期退職割増金を貰っての退職でも、皆さん堂々と失業保険を貰いましょう

お読みいただきありがとうございました。

 

参照記事 

早期退職で失業保険は貰える?受給に必要な3つのポイント | キャリアパーク[転職]

早期退職制度実施の際の退職理由 - 『日本の人事部』

f:id:Semi-retired:20180712205458j:plain