ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

高圧洗浄機で浴室掃除しようとしたのに玄関がキレイに。~ケルヒャーでお掃除その2~

浴室掃除用に、「ジャパネットたかた」でケルヒャー高圧洗浄機を買いました。

そして8月28日にケルヒャー高圧洗浄機で浴室掃除をした感想を記事にしたのは、もう2カ月以上前の事。

本日や~っと2回目のケルヒャー高圧洗浄機での浴室掃除をしました。

今年の夏は暑すぎて疲れが溜まって、掃除をする意欲がなかなか湧かなくて…言い訳、言い訳。

勿論この2カ月、全く浴室掃除をしなかった訳ではありません。ちゃんと日々の掃除はしていました(夫が)。

今回の記事は、2カ月ぶりにケルヒャー高圧洗浄機で浴室徹底掃除をしようとして、うっかり玄関がキレイになってしまった件についてです。

因みに玄関にケルヒャーを使いましたが、高圧洗浄機の威力でキレイにした訳ではありません。

玄関がキレイになったのは、怪我の功名みたいな感じです。

応援クリックしていただけるとうれしいです。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へorにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

裸足にジェットノズルが当たると危険なので…

今回の浴室掃除でまず気を付けようと思ったのは、強度が弱い部分に使用すると破損する危険性すらあるという「サイクロンジェットノズル」を足に当てない事。

第一回目の掃除の時に、裸足なのを忘れてこれをやってしまい、すんごく痛かったのです。

これから高圧洗浄機を浴室掃除に使ってみようという方で、万が一私と同じ位マヌケな方がいたら、くれぐれもお気を付けください。

そして大前提として、「高圧洗浄機を浴室掃除に使いましょう」とは、メーカー側は提案していません、たぶん。

くれぐれも自己責任でやってます。例えジェットノズルで足に怪我を負ったとしても、文句は言わない所存です。(モチロン、怪我はしませんでした!)

第一回目の浴室掃除で学んだので、今回は浴室内でも長靴を履く事にしました。

長靴をきれいにするついでに玄関も、と思って…

長靴は玄関にあります。

だったら一緒に玄関も高圧洗浄機でキレイにしよう。なんて冴えているんだろう、自分。

そう思いながら玄関に向けて、前準備として「トリガーガン」で水を噴射!(水圧を安定させるためです。)

そうしたら玄関がみるみる内に床下浸水状態に…(玄関と廊下は数センチの段差のみでほぼフラット状態で、今にも床上浸水になろうという状態。)

そうです、玄関の扉下には水を逃がすような溝や隙間などありませんでした👇

f:id:Semi-retired:20181009075149j:plain

なんで噴射前に気付かなかったんだろう?

馬鹿だ馬鹿だとは思っていたけど。こんなに馬鹿だったんだ、自分。

そして「トリガーガン」に高圧ホースがちゃんとはまっていなかった為、自分の手元にも水がスゴイ状態で溢れ出し…

大慌てで夫を呼び、「トリガーガン」に高圧ホースをはめ直してもらいました。

第一回目は、有給休暇を取って1人の時だったので、全部自分でやったのです。

その時はちゃんとはめられたのに。すっかり忘れました。

何度もしつこいですが、万が一私と同じ位マヌケな人の為に、写真でお知らせします。

私は今回、写真のトリガーガンの黄色い部分(留め具)の存在を忘れて、なんとなく高圧ホースをはめていたので、手元で水が溢れ出したのです。

f:id:Semi-retired:20181009074623j:plain

f:id:Semi-retired:20181009074643j:plain

f:id:Semi-retired:20181009074705j:plain

水浸しの玄関は、カオス状態のウエス予備軍で浸して、拭いて、おかげで結構キレイになりました。

玄関のビフォーです👇

f:id:Semi-retired:20181009075351j:plain

玄関アフターです👇

f:id:Semi-retired:20181009075433j:plain

水浸しの玄関掃除に役立った「ウエス」というか敷布団シーツとバスタオル、スポーツタオルです👇

f:id:Semi-retired:20181009075614j:plain

玄関が水浸しになったのは水圧を安定させるため「トリガーガン」で水を噴射したからで、ジェットノズルでの高圧洗浄はしていません。ただの前準備で水浸しになっただけです。何度も言ってスミマセン。

2回目の浴室掃除の本編は、今回省きます(次の記事に載せました)。

浴室掃除の様子については宜しければ過去記事もご覧ください👇

www.namakemonologue.com

最後までお読みいただき、ありがとうございます