ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

「こねるねこ」という名前のパン屋さんが近所にオープンしました

家から京急黄金町駅の途中に、「こねるねこ」という小さなパン屋さんが9月13日㈭オープンしました。

「こねるねこ」(上から読んでも下から読んでも、こねるねこ)という店名がかわいらしくて何だかソソられ、初日の朝に試しに購入してみました。

 

こちらが「こねるねこ」のキャラクターのスタンプが押された袋とお店の名刺です 👇

f:id:Semi-retired:20180915122226j:plain

クランベリークリームチーズパン(写真上)と、カメンベールチーズパン(写真下)を買いました👇

下のカメンベールチーズパンは、うっかり半分食べた後に、写真を撮りました。

f:id:Semi-retired:20180915122329j:plain

 f:id:Semi-retired:20180915181722j:plain

お店は、30〜40代位の男性とそのご両親が やっているようです。

とても小さなお店なので、商品は10種類もない位。

レジは、購入商品をお店の人が入力すると金額が表示され、お客さんがお金を投入したらお釣やレシートが自動で出てくる「自動レジ」。

商品種類は多くありませんが、レジ係のお母さんは、「これ何だっけ?」と度々息子さんに尋ねていました。

ガンバレ〜お母さん♪初日だからか、慣れないみたいです。

厨房にはお父さんがいらっしゃいました。お父さんが「ねこ」設定なんでしょうか。

 

オープン前に「こねるねこ」という店名とカワイイ「ねこ」のキャラクターの看板を見て、勝手に抱いていたイメージとはちょっと違う店主さん像でしたが、近くにいいパン屋さんがない街なので、親子でがんばって頂きたいです。

これが親子に見える赤の他人の集まりだったら、ちょっとびっくりです。

また買いに行きます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます