ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

ナマケモノでも会社でなんとかやり過ごす術?③

ナマケモノ的「会社でなんとかやり過ごす術?」最終回(ブログ自体ははじめたばかりです)。

 前々回の「会社でなんとかやり過ごす術?」①では、このテーマでブログ記事を書くことになったきっかけまでを書いて、その答えについては「次回に続く」と早くもネタに行き詰った時の引き伸ばし作戦を取り、

semi-retired.hatenadiary.jp

前回の  「会社でなんとかやり過ごす術?」②では、このお題で思いついた事をテキトーに箇条書きで書いてみました。でも「それ以上に有効なこと」とは...とまで書いて「次回に続く」と、またしても姑息な引き伸ばし作戦。お詫び申し上げます。

semi-retired.hatenadiary.jp

 そして今回の「会社でなんとかやり過ごす術?」③。書き始めたばかりの内容が薄いブログで、さすがにこれ以上の引き延ばし作戦は今後の先行きに大きなマイナスだと思いますので、このお題は今回で締めます。
 会社でなんとかやり過ごすために、有効(大事)だと思うのは、仕事以外で自分が生き生きと輝ける「別の世界」をちゃんと持つ事だと思います。

これまた至って普通のハナシで誠に申し訳ありません。

別に「生き生き」とか「輝ける」とかいうやたらポジティブな表現でなくても、「ゆるくのんびり」とか「ほっこり」「だらだら」とかいう世界もとてもステキです。

それがお金が掛からない事なら万々歳だし、自分が楽しめて尚且つお金も稼げる副業的なことならまた素晴らしいと思います。

仕事のことでウツウツとしたり、なんだか今の仕事が合っていない、仕事で認められない…という時。まずは仕事をちゃんと出来るようになるまでがんばるしかないのだろうけど。

でも「精一杯やってるんだけど、やっぱり…」っていうなら、「私には別の世界がちゃんとある」っていうのは精神衛生上大切なことかと。モチロン「仕事バリバリやってます、楽しいです、評価されてます」っていう人にとっても「もうひとつの別世界」は大事ですよね。

そしてナマケモノの「別世界」としては、「会社でなんとかやり過ごす術?」①で書いた「クラシックギター」という趣味や、昔はSMAPやTOKIOというジャニーズアイドルにはまった時もあります(今でも好きです、応援してます)。Amazonプライムビデオで懐かしのアニメを見るのも楽しいし、夫婦で散歩するのも楽しいです。

こんなこと、いまブログを読んで頂いている方たちには当たり前すぎることで、仕事以外にやる事がないっていうのは、ナマケモノの親世代の一部位かもしれないですけどね。

そしてその「仕事だけ」って人たちは、家族の為にがんばって働いて、日本経済に貢献してきた人が大半なんですよね、きっと。感謝しなければ...と、趣旨がどんどんずれてきました、すみません。

読んで頂きありがとうございました。