ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

ふるさと納税返礼品は「物より思い出」旅行券。それとも今年はフルーツ?

一昨年の2016年から、ふるさと納税をしています。

過去2回は、いずれも「返礼品」に「旅行券」を頂きました。

「家の中になるべく物を入れないようにしよう。食品などの消耗品も、たくさん頂けば一時的な置き場所に困るし、賞味期限もあるし」という気持ちからです(けっきょく賞味期限は無視しがちではありますが)。

ただ旅行券も困ることがあります。旅行券にも「使用期限」があるからです。

応援クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へorにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

2017年のふるさと納税返礼品の旅行券の期限は・・・

2017年は、栃木県那須塩原市に「ふるさと納税」をして返礼品に「塩原温泉宿泊券ペア1泊2食」を頂きました。

こちらの宿泊券の使用期限は、発行日から1年です。私が頂いた宿泊券の期限は、2018年12月24日でした。

使用期限が1年だと期間としては長い方だと思うのですが、うっかり忘れていれば、結局いつのまにやら期限まで「あと僅か」という事態になります。

この旅行券は休日使用だと、プラス数千円の割増料金が掛かります。なのでせっかくだから平日に行きたい。

でもそうすると、夫婦間の摺り合わせがなかなか上手くいかない。そのうち忙しさ等を理由に、うっかりその存在を忘れがち。

ということで、使用期限ギリギリの先週末に、ちょっとした小競り合いがありながらも夫と何とか調整をして、対象の旅館に予約をとることが無事出来ました。

平日使用なので割増料金は掛からないと思ったのですが、「その時期は紅葉シーズンですので、お1人様●千円の割増料金を頂きます」とのお言葉。

このあとまた調整するもの大変ですし、紅葉シーズンに旅行にいけるなら割増でもいいかな、ということで予約をお願いしました。

食品以外でも期限には何かと悩まされますね。まあ、早く準備すればいいだけのことなんですけれどもね。

「ふるさと納税」先を決めるのに使っているサイトは・・・

私が「ふるさと納税」をどの自治体にするのかを決めるのに使っているサイトは「さとふる」です👇

www.satofull.jp

「さとふる」を選んだのは「TVCMでやっていたので」というだけの理由ですが、「認知度・利用意向№1」と書いてあるので、人気のあるサイトなんでしょうね。

これから「ふるさと納税」をしようという方で、「どんなサイトがあるのかな?」という方は、よろしければご覧になってみて下さい。

私も2018年の納税先はまだ決めていないので、応援したい自治体で返礼品にその地産のフルーツをいただける納税先を、「さとふる」で探してみたいと思っています。

ちょうど朝フルーツダイエット挑戦中ですし。

「ふるさと納税」と「返礼品」をめぐる意見について

「ふるさと納税の返礼品の高額化」「加熱する返礼品競争」が批判されています。

一方でこれらの批判の背景には、国は今まで「地方交付税交付金」の支給によって自治体を抑えて来たのに「ふるさと納税」によってそれが脅かされているのを恐れているという事情がある。だからマスコミ等を使って批判をしているのだ。「ふるさと納税」はその自治体の自治と産業発展の為に役立っている。という意見もあったり。

一納税者としてはこういった様々な意見も念頭に置きながら、「ふるさと納税」が、自分が行ってみたい・住んでみたい自治体の「応援」になることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます