ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

セブン「きみのプリン」vs「とろ生カスタードプリン」美味対決!

セブンイレブンの「窯焼き とろ生カスタードプリン」、とても美味しいですね。大好きです。

その「窯焼き とろ生カスタードプリン」に強力なライバルが登場。それは同じセブンイレブンの「きみのプリン」です。

8月の月イチコンビニスイーツで、この2つのプリン食べ比べしてみました!わたし的最強美味プリンは?!

 

「きみのプリン」vs「窯焼き とろ生カスタードプリン」の見た目は…

見た目は「窯焼き とろ生カスタードプリン」が「きみのプリン」より、一回り、いや二回りくらい、大きいです👇

711pudding-1

フタをとった商品の写真、左が「きみのプリン」。右が「窯焼き とろ生カスタードプリン」👇

黄身だけを使っているはずの「きみのプリン」のほうが、なぜかあまり黄色くないですね。

711-pudding2

それぞれのプリンを、スプーンですくってみました👇あまり意味のない写真かも💦

711pudding-3
711pudding-4

「きみのプリン」vs「窯焼き とろ生カスタードプリン」製品比較

①「きみのプリン」製品情報

見た目はそんなに黄色くはないですが、「きみのプリン」は「黄身とミルクを贅沢に使用。」とパッケージに書いてあるだけあり、卵黄の濃厚な味わいがあります。プリン本体もカラメルも、マイルドな甘さで美味しいです。

税込159円。95gで149kcal。製造者は愛知県岡崎市の「栄屋乳業」です。

原材料は乳製品、加糖卵黄(卵を含む)、砂糖、水あめ…以下省略。

②「窯焼き とろ生カスタードプリン」製品情報

「窯焼き とろ生カスタードプリン」は、パッケージに「エグロワイヤル使用」と書いてあります。そして「エグロワイヤルはパティシエの声から生まれた卵」という説明もありました。

味としては「きみのプリン」以上に卵の濃厚さを感じ、しっかりとした甘みがありました。そして特筆すべきは、クセになる苦味のカラメルです。

税込192円。カロリーは249kcalですが、重量の記載がありません。

そこで、ダイソーでキッチン目安計を買って量ってみました。おおよその計測にはなりますが、142.5gでした。

おおよそと言っている割に142.5gと小数点第一位まであるのは、95gと記載がある「きみのプリン」の容器を含む総重量の計測値が100gだったので、中味の重量(95g)は総重量(100g)の95%。

ということでそれを「窯焼き とろ生カスタードプリン」の総重量150gに当てはめて、150*0.95=142.5gと推計しました。

製造者は「プライムデリカ」。原材料は牛乳、卵、グラニュー糖…以下省略。

③「きみのプリン」vs「窯焼き とろ生カスタードプリン」比較評価

価格は「きみの」:「とろ生」=159:192。ということで「とろ生」が「きみの」の約1.2倍。

カロリーは「きみの」:「とろ生」=149:249。ということで「とろ生」が「きみの」の約1.7倍。

重量(自分調べ)は「きみの」:「とろ生」=95:142.5。ということで「とろ生」が「きみの」の1.5倍。

「とろ生」のほうが、重量(1.5倍)の割には価格(1.2倍)が安いといえます。

半面、カロリーを気にするなら、重量(1.5倍)の割にはカロリー(1.7倍)が高い「とろ生」よりも、「きみのプリン」にしておいたほうがいいです。

日常の暮らしのヒントになる記事がいろいろあります👇

おすすめコンビニスイーツ(お菓子)

コンビニで発見した美味しい食べ物!

丁寧な暮らし 日常のつぶやき シンプルライフ

結局どっちがおいしい?

私がこの2つのプリンを食べたのは今回が初めてではありません。以前、それぞれを別々に食べたときは、「きみのプリンもいいけど、やっぱりエグロワイヤル使用の、窯焼き とろ生カスタードプリンのほうが卵のおいしさを感じる」と思っていました。

しかし今回、2つを同時に食べた結果は「僅差で、きみのプリンの勝ち」でした。

今回は「きみのプリン」のやさしい甘さに惹かれました。カラメルも主張が強すぎないのが、良かったです。

「きみのプリン」「窯焼き とろ生カスタードプリン」どちらが美味しいかは、自分の、その時々の感じ方によって変わると思います。

いずれにせよ、セブンイレブンのプリンはとても美味しいという結論はゆるぎないです

スフレ・プリンの合わせ技でとってもおいしい、ファミマのスイーツについての記事はこちらです👇よろしければご覧ください。

www.namakemonologue.com