ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

アクティブシニア像の実像把握

はてなブログを始めて1カ月余り、はやくもネタ切れ気味で「ブログワークでセミリタイア」という道が遥か遠くなっているナマケモノ(50代現役会社員、既婚女性子供なし)です。

今回は閑職会社員の特権で?会社に届く新聞記事をネタにさせて頂きます。

日経MJ、6月25日(月)号の1面『アクティブシニア像、間違ってない?』という記事によると、『ちまたでよくいわれるアクティブなシニア像に、実は誤解や思い込みがあることに気付かされた。』として一筋縄ではいかないシニア層攻略について紹介しています。

60、70代を中心としたシニア向け定期購読雑誌「ハルメク」から浮かぶ『シニアのホント』として、

アクティブシニアの従来イメージ

①「時間とお金に余裕がある」→実態は「年金生活でそんな人はごく一部」、

②「ロボット掃除機で体をラクに」→実態は「手抜きだと思われたくない」人が多い(思ったほど普及せず)、

③「健康には手間暇惜しまない」→実態は「健康のためでも面倒なことはイヤ」な人が多い。

等の実例を紹介しています。

確かにテレビ等では、80代でもステーキ平らげてそうな若々しい方々(芸能人含む)をお見かけして「最近は80代でも枯れてないんだな」と思ったりしてましたが、それはマジョリティーではなく「恵まれたごく一部の方々」ですよね。まあ、実数として確実にそういう方々は増えているとは思うのですが。

一方で認知機能が衰えて交通事故の加害者になってしまうとか、認知機能の問題とはまた別かもしれないですが振り込め詐欺の被害者となるケース等のニュースをよく見聞きしたりもして、両極端なシニア像がクローズアップされがちです。

シニアになって個人差がどんどん大きくなる中でのマジョリティーの把握って、とても大変なことですね。

女性のニーズなのに把握する側は男性ばかりで色々と読み間違えていたかつての企業の失敗と同じように、現役世代がシニア像を把握しようとしてもバイアスや思い込み等で色々と読み間違えることも多いでしょう。

今後は、女性マーケターや女性リサーチャーが増えたのと同じように、シニアマーケターやシニアリサーチャー、シニアコンサルなど増えていくんでしょうか。

今回日経MJからたくさん引用させていただいたので、日経MJ購読申込のリンクを貼らせて頂きます(アフィリではないです)。

www.nikkei4946.com

日経MJは読んでいて面白いので、会社を辞めても余裕があれば購読したいですが、ナマケモノが時間とお金に余裕があるシニアになれる自信は、現時点では低いです。