ナマケモノろーぐ

兼業主夫の夫と暮らす、家事とブラジャーが苦手な50代会社員の日々の雑感

ナマケモノでも会社でなんとかやり過ごす術?②

 

semi-retired.hatenadiary.jp

 

前回の続き・・・ナマケモノ的「会社でなんとかやり過ごす術」というお題を、ギター仲間のアラサー男子(ハイスペック会社員)から頂きましたので、テキトーに回答してみたいと思います。

 

注:以下は、ナマケモノでも受け入れてくれる懐の深い企業という前提。30年近く1つの会社にしか勤めていないので、一般的に役立つ保証は特にありません。

 

1.高見えする目標と、曖昧にごまかせるかもしれない成果基準の設定

…まあ、結構見破られることも(だったらダメでは?)。

 

2.仕事は抱え込まず、丸投げ感を出さずに他者に指示、委託

…ごくフツウのことを言ってるだけで申し訳ありません。ですが、ナマケモノは案外これが出来ていません(ついつい抱え込んでしまう哀しい習性)。

 

3.逃げ道を用意し、逃げ足は速く

…且つ、いつの間にかフェードアウトするという周到さ。これも別にナマケモノの得意ワザという訳ではなく「居るよな、そういう人」っていうハナシです。

 

4.コミュ力は高く。謙虚に、丁寧に

…これまた当たり前なこと、なのにちゃんと出来ているか怪しいかも。

 

5.わたし仕事できないワケじゃないんです、しないんです(やればできるけど)。っていうテイ

…宣言するだけでそう見えるワケではないし、結局しないなら出来ないのと一緒?

 

6.鈍感力!

…何より大事かも?これもナマケモノはあまり持ち合わせておらず(自称)。そもそも鈍感力がある人は、「なんとかやり過ごす」なんてメンタルはなく、自分は「ちゃんとやってる」と思ってる?

 

上記のことをできたとしても、評価が特によくなることはないでしょう。企業の業績やカルチャー等にもよるけど、まあ戦力外通知されない程度の評価?(あくまでも「なんとかやり過ごす」術なので、評価されたい人はちゃんと働いてちゃんとアピールすればいいだけ。)

しかも、上記の術の内、半分も出来ていないナマケモノ。もう早々にリタイアしたいです。

 

でも、それ以上に「会社でなんとかやり過ごす」ために有効なのは、

 …次回に続く…大したことない内容で引っ張りすぎで、申し訳ございません。